オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

がんを克服するために

癌に勝つ

がんには数々の種類が存在し、それそれが悪性の腫瘍の働きがある他に、体にとって多大な悪影響となるものである。
肺がん、肝臓がん、大腸がん、胃がんを始めとし、男性なら前立腺がん、食道がん、女性なら乳がん、子宮がんなどのリスクがとても大きい。
このような数々のがんはどれにかかるか、ということは粗化島予想ができない上に、明確な予防方法は明らかになっていない。
これは、がんの発生条件や発生する環境がハッキリと解明されていないという部分による所が大きい。
いつ、何処でどのように発生するかが解かればがん治療はとても大きな一歩を歩む事が出来るのだが、まだ研究段階という状態である。

日本人にとってのがんとは、まさに身近に迫る命の危険意外の何者でもないであろう。
上記のとおり、様々ながんが存在している上に発生条件はわかっていない。更に、高齢者を中心として様々な年代の方々にがんの発生のリスクは存在している。
現在の日本人の死亡原因にがんが大きく関わっている事は自明の理である。
日本人にとって、がんの存在と警戒は最早責務となりつつあるのである。

胆管がんとは、胆のうで作られた胆汁を十二指腸に送る際に使用される胆管に出来るがんのことである。
胆管は肝臓内部を走る構造であるために、進行すると十二指腸がんや肝臓がんを併発してしまう恐れのあるがんである。
逆に、肝臓がんや十二指腸癌が進行、発達することにより胆管がんが発症するというケースも存在する。
初期症状は字画しにくい部分があるが、がんが進行するにつれ胆汁の流れが滞り、目や顔、皮膚が黄色く濁る症状が見られる。
さらに、胆汁は消化や排泄に大きく関わるため、便にも大きく特徴が表れる事がある。弁の色が白っぽく感じた場合、お腹をこわす頻度が増えた場合、お腹を壊してないのに下痢のような便が続くといった場合は、胆管がんを疑ったほうが良い。
これらは共に進行した時に見られる症状でもあるため、こういった症状に当てはまった方は、早急に病院での診察を受ける事が望ましい。

治療方法としては、手術ががん治療における一般的な方法である。しかし、胆管は重要な器官であると共に、胆管の周囲には重要な臓器が集中しているという事もあり、手術を行うか否かは症状の進行によって行われるところがある。
位置的に肝臓に大きく隣接している為に、肝臓への影響も考えながら治療に当たる必要が出てくる。
放射線治療も主流な治療方法である。しかし、前述の通り重要な臓器に隣接しているために、放射線照射には多くの可能性と他の臓器への負担も考えつつ処置を行わなければならないというのが、問題として上がる。
抗がん剤治療に関してはあまり成果が上げられていないために、実施に至ることは少ないという背景が存在する。

その他の治療方法としては、近年注目を集めている免疫細胞療法というものがある。これは、既存の放射線治療や手術などと平行して行える、比較的患者の負担の少ない治療方法である。しかし、放射線治療や手術ほどの信頼がまだ得られていないという状態でもあるため、今後の成果に期待したい部分である。
がん治療には様々な方法が存在する他、新たな技術も生まれ続けているという部分もあるのである。